平屋で理想のマイホームを実現するためには

平屋で失敗しないために

このサイトでは平屋で快適な生活を実現するために参考にしたい、過去の失敗例と具体的な対策をまとめてご紹介しています。
ライフスタイルに合わせて考えたいのが、ワンフロアタイプの住宅の間取りです。
住む人が暮らしやすいように計画を立てることをおすすめします。
またワンフロアの家ではセキュリティ対策も厳重にしたいものです。
安心して長く暮らすことのできるような造りになるよう、設計から配慮することをおすすめします。

平屋で快適な生活を実現するために!参考にしたい過去の失敗例と具体的な対策まとめ

平屋で快適な生活を実現するために!参考にしたい過去の失敗例と具体的な対策まとめ
平屋住宅に住みたいけれど、どのようにしたら快適な生活を実現することが出来るだろうかと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには、過去に建てられた住宅の失敗例とから学ぶことをお勧めします。
メリットも多い平屋ですが、建てる場所をよく吟味しないと水害に見舞われたときに被害が大きくなることが考えられます。
ハザードマップを確認して、危険性の少ない土地を選ぶのがお勧めです。
また日が差し込まず、日中でも家の中が暗い家になってしまったという失敗例もあります。
平屋の住宅は間取りによっては全く日光が入らない部屋もできてしまいがちなので、間取りを決めるときには日当たりも良く考えることをお勧めします。

遊び心のある平屋でゆとりを持った暮らしを楽しもう

遊び心のある平屋でゆとりを持った暮らしを楽しもう 平屋はゆとりを持って生活したい人にぴったりの方式です。
2階建ての家を建てた場合に上り下りがきつい、高齢の方と同居するといった場合にも良いでしょう。
また基本的な部屋数は2階建てや3階建てよりも減ってしまうものの、その分だけ一室にゆったりとした間取りを取れるため、夫婦ふたりだけの生活を平屋でゆとりを持って行いたいときにもおすすめです。
間取り全体を大きく取れるのは、平屋をゆとりを持った住処として使いたい時にも最大のメリットになるでしょう。
和室や洋室も自由自在に設定できる他、水回りを大きく作れるのも魅力です。
大きめの浴槽を入れて毎日のバスタイムを充実させる、いつも混み合いがちな洗面台を大きくするなど、家族の人数に合わせて工夫ができます。
また、吹き抜けやコートヤードなどを入れて遊び心満載にできるのもポイントです。
家の中に吹き抜けを入れるだけで、全体に余裕をもたせることができます。
吹き抜けの天井からは明るい光が差し込み、日中は照明なしで過ごすことができるでしょう。
広々とした天井は気分よく過ごせるスパイスです。
快適な暮らしを送りながら、ゆったりと余裕をもって流れる時の流れを感じることができるはずです。

平屋の住宅にも階段を設置することがあります

平屋は1階建てですから、階段がないのが当たり前だと思われています。
その性質から郊外や田舎の広い土地に向いています。
高さがないため木造軸組み工法であっても強度が高く、地震や台風に強いことが魅力です。
また細かな段差をなくすことでバリアフリーにしやすいです。
部屋と廊下の段差などがなくなれば、車椅子に乗る人が自力で室内を移動することが可能になります。
そんな平屋にも階段を設置することがあります。
それは屋根裏のスペースを収納にするときです。
平均の高さが140cm以下であれば部屋とみなされず、収納として扱われるのです。
はしごを使わずに小屋裏収納にアクセスできれば、使わない扇風機やストーブなどをしまうのに便利です。
ロフトは2階とは違い、固定資産税の対象とならないことがメリットです。
広い土地があるならば、歳を重ねても暮らしやすい平屋にして、税金のかからない収納スペースを追加すると合理的でしょう。
ただしロフトははしごでなければ認めない、という自治体もあるため注意が必要です。

広い敷地が十分に生かせる平屋建ての建築プラン

狭小地では三階建ての建築プランを選ぶことが多いですが、階段の上り下りが大変なのが大きな問題です。
そのために敷地にゆとりがある人が家を建てる場合には、平屋建ての建築プランを選ぶことが多いです。
平屋建てのプランは坪当たりの建築費用も安く、着工してから短期間で入居できるメリットもあります。
しかも段差のない住まいも実現しやすいので、乳幼児や高齢者がいる家庭にも最適です。
そしてより良い建築プランを選ぶためには、じっくりと希望を聞いてくれる工務店やハウスメーカーを見つける必要があります。
地元の施工会社の情報を収集すると、施主のニーズにマッチした工務店などを選べます。
注文住宅の設計と施工に強い会社は、ライフスタイルに合わせて平屋の住まいを建てたい人にも適しています。
広いガレージがある住まいは、ドライブが趣味の人にも好評です。
パンフレットで様々な平屋建て住宅の実例を比べると、暮らしやすい建築プランを選べるようになります。

平屋と2階建てでは税金の仕組みは異なるのか

「平屋は税金が高い」という話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。
「固定資産税評価額」という土地や家屋の価値を数値化したものによって固定資産税や不動産取得税は算出されます。
この評価額が高くなるほど税金も高くなります。同じ延べ床面積の場合、土地の面積が多く必要になる平屋の方が2階建てよりも固定資産税評価額が高くなるといえます。
同じ価値の土地だと仮定すると、面積が増えるほど固定資産税評価額も高くなるからです。
そして同じ延べ床面積の場合、平屋は2階建てに比べて壁や屋根の面積も広くなります。
同じ価値の建材の場合、使用されている量が多いほど家屋の価値も高くなり固定資産税評価額が高くなります。
平屋だからといって特別に課税される項目があるわけではありません。
差がでるのは課税の算出方法が建築方法の特徴に左右されるからです。
木造にしたり、複雑な造りにすることをやめて建材が必要最低限で済むようにする、必要以上に高価な建材を使わないといった対策で、固定資産税評価額を抑えることは可能です。
また、税だけでなく維持費などの別のコストとトータルで検討することも大事だといえるでしょう。

平屋住居に最適な再生可能エネルギー設備について

昨今の住居スタイルで注目を集めているのが、平屋家屋です。
以前は長屋という形状でしか見受けられませんでしたが、郊外なら広大な土地を有した独立した建物となっており、バリアフリーな点も注目をされています。
注文住宅で新たに建設をなさる方も多く、さまざまなスタイルで建設をされているほどです。
そこでここでは、平屋にお勧めの再生可能エネルギー設備についてご紹介をしたいきましょう。
まず2階建てというスタイルではないので、屋根に空きスペースがたくさんできるのがポイントです。
ここで太陽光パネルを設置すれば、たくさんの電気を自家発電で生み出すことができます。
一般的な4人家族であれば1日で約1200kwhとなるので、5枚程度のパネルで賄うことが可能です。
再生可能エネルギー設備を新しく導入する場合は、自治体から補助金を受け取ることができます。
最大で40パーセント分の助成金が出るので、それを活用して導入をしてみましょう。

平屋住居は地震災害に対して高い耐久性を持つ建造物

日本家屋の形状は、大きく分けて2パターンに分けることが可能です。
まず昔ながらの平屋家屋というものがあり、以前は長屋形式が一般的でした。
1970年代ごろの高度成長期になると、都内の中心部一帯で宅地開発がなされ、2階建ての住まいが誕生しました。
この2階建てというのは限られた狭い空間に建物を建設しても、間取りを十分い確保できるというメリットがあります。
2000年代初頭までは代表的な戸建てでしたが、現在では平屋を新築なさる方が増加傾向です。
なぜまた平屋に人気が集まってるのかというと、地震災害に高い耐久性を持っているからです。
国内では1994年の阪神淡路大震災以降、毎年のように大きな地震に見舞われるようになりました。
家族全員で安心して暮らすには、耐震能力が高い家を手に入れたいものです。
そこで、大手ハウスメーカーでは新しくバンパーを備えた平屋に焦点を当てるようになり、購入者も増加をするようになりました。

平屋について詳しいサイト

札幌 平屋

新着情報

◎2022/9/7

情報を追加しました

> 平屋の住宅にも階段を設置することがあります
> 広い敷地が十分に生かせる平屋建ての建築プラン
> 平屋と2階建てでは税金の仕組みは異なるのか
> 平屋住居に最適な再生可能エネルギー設備について
> 平屋住居は地震災害に対して高い耐久性を持つ建造物

◎2022/2/15

サイトを公開しました